2人のきこりの話

..........................................

【佐賀県あるある】

観光名所を聞かれると困る

..........................................

ある村に2人の木こりがいました。

2人とも毎日、忙しく働き

日々の生活に追われていました。

そんな2人は経済的にも余裕がなく

いつも錆びて欠けた斧を使って

仕事をしていました。

それを見た友人が2人に

「その斧、修理したら?」と

すると1人の木こりは

「お金もないし、そんなことに

時間をかけてるヒマはない!!」

と話すら聞こうとしません。

もう1人の木こりは

「確かにね、ちょっと休んで

斧を修理してくるよ」

と 素直に聞き入れ修理しました。

その後、斧を修理した木こりは

少し仕事の遅れをとりましたが

直ぐにペースが上がり

今までの倍以上のスピードで

仕事をこなしていきました。

そして仕事量が増えた分

収入も今までより増えて

幸せな生活を送れるようになりました。

一方、もう1人の木こりは

どんどん斧が切れなくなり

仕事のスピードもドンドン落ち

やがて斧が壊れてしまいました。

修理する時間は出来ましたが

お金がなく結局、木こりは

仕事が出来なくなってしまいました。

さて、この話どう思われましたか?

日々、目の前のことで

精一杯かもしれませんが

自分を磨く時間とお金に

投資はしていますか??

美容師さんはあまり

自己投資をする人が

多くありません。

て、ことは逆にチャンスです。

どう考えて行動するかです。

この先もまだ錆びた斧を

使い続けますか?

Kazuo's Ownd

渋谷で美容室を13年経営しているノウハウBlogです。

0コメント

  • 1000 / 1000