【二兎を追う者は一兎をも得ず】ということ

先日、とある有名な焼肉屋さんに伺いました。

注文をしようと。。。

「ハラミありますか?」

店員さん

「すみません、人気があって売り切れちゃったんです」

「あっ。。。そうなんですね、残念。。。」

こんなよくある店員さんとのやりとりがありました。

普通に考えると何の変哲も無い会話ですよね?

ただ、頼んだものが今日はない。。。

そう、それだけのこと。

でも、僕の感情は揺さぶられたんです。

「次来た時は絶対に食べたい!!」と。

こんなに気持ちを高ぶらせておいての

品切れ。残念な気持ちと期待感が膨れ上がりました。

間違いなく次回、僕は「ハラミ」を

真っ先に注文すると思います。

食べれなかったことにより、

僕の中では価値が高まったんです。

あの店員さんの

魔法の一言で

「すみません、人気があって売り切れちゃったんです」

そうなんです、これです。

ここで考えて欲しいことがあります。

[[name1]]さんのお店でもこんなことありませんか?

===================================

(忙しい営業中に予約の電話がありました。)

新規のお客様

「今日、3時に予約できますか?カットとカラーで」

スタッフさん

「大丈夫ですよ〜、お待ちしています!」

スタッフさんの心の声

(新規だし、断るのもったいない、3時30分の

◯◯さんはいつも来てくれて仲良いし、ちょっと

待ってもらえばいいや〜)

===================================

こんな電話予約のやり取りありませんか??

僕はあります。。。

(常連のお客様なら待ってもらえるし

待たせてもいいや〜)って思っちゃうんですよね。

新規のお客様は希少価値が高いから。

でも、本当に正しいいのでしょうか??

このパターンで結果よくあることは

新規の方はお店の場所が分からず迷って

遅刻、常連のお客様は後の予定があるので

早く来店して完全にダブってしまう。。。

でも新規の方は大事なので優先して施術

結果、常連のお客様は大幅に待たされ

お友達との待ち合わせの時間に

遅れることになり、スタイルの出来より

予約しているにもかかわらず

いつもより待たされたことで

ご機嫌斜めでお店を出られる。。。

そして、数ヶ月後・・・

常連のお客様が再来されない・・・

でも、多くの方はこう考えます。

「常連の◯◯さん、最近忙しいんだろうなぁ」

「まぁ、そのうち来るだろうな〜」と

違うんです、本当に大事なところに見えてないんです。

もし、あの時に新規のお客様に予約の時点で

「今日、あいにく混み合っておりまして

当店では初めてのご来店のお客様には

しっかりと時間を取らせて頂き、

技術を提供させていただいておりますので

もしよろしければ別の時間はいかがですか?」と

伝えていれば状況は変わったかもしれません。

僕も同じ美容師としてよく分かります。

「ここで断ったら他の店に行ってしまうかもしれない」

これが頭をよぎることがあります。

でも、新規のお客様に

「時間を改めてでもここで予約したい!」と

思わせるお断りの仕方をすれば

納得していただける方は必ずいらっしゃいます。

常連のお客様を一人を待たせて失客させてしまうこと

本当によくあることです。

【二兎を追う者は一兎をも得ず】

という言葉があるように

欲張らずに一度、断ることで

逆に価値も高まることもあります。

僕も若い時は何も考えてなかったので

予約を詰め込んでゴチャゴチャの仕事を

していたことを今となれば反省しています。。。

[[name1]]さんのお店のでも

同じことをしているかもいるかもしれません

一度、立ち止まって考えてみませんか?

「お店の売り上げを支えてくれている

お客様ってどの方々なんだろう?」

お持ちの顧客カルテを眺めてみると

大事なことに気づくと思います。

では、今日も素敵な1日を。

0コメント

  • 1000 / 1000

Teradaのメルマガブログ

毎日のメルマガを定期的にこのブログに残しています。多少のタイムラグはお許しください。