材料、広告、家賃比率より大事なこと

................................................

【今日のトリビア】

ジェットコースターの”ふわっと感”は

内臓が浮こうとするため

................................................

ネット見てると美容師さんが

「広告は売上の◯%が目安ですか?」

「材料費は◯%くらいがベストですか?」

「カード手数料◯%は高いですか?」

と、質問しているのを

よく見かけますけど

「いやいや、クグれよ…」って

本気で思っちゃいますね…

てか、質問力低い…マジで。

と、思うのと同時に

材料費とか広告費とか

カード手数料とか

数パーセントのことを

細かく気にしてることは

もちろん大切なことですけど

それよりももっとちゃんと

向き合わないと

いけないことありませんか?

前からずっと言ってますけど

“新規割引”

これってどのサロンも

ホットペッパー見てたら

20~50%くらい割引してますよね?

おかしくないですか?

材料、広告比率とかは

売上に対してのパーセントなのに

新規の割引はガンガンして

数パーセントのことを

あーだ、こーだ言うのって…

僕は順番が逆だと思います。

新規割引やめれば

材料、広告、家賃の比率は

確実に下がりますよ。

「でも、新規が来なかったら?」

って、思ったら

「価値を感じてもらえる様に

一生懸命、頭使って投資すればいい」

ググればわかる質問してるなら

もっと違う風に時間を使った方が

将来の自分のためになります。

材料、広告、家賃が

何パーセントであるかは

あくまでも目安です。

バランスは考えなければ

いけないですけど

もし新規割引をガンガンしてるなら

そこを見直したらどうですか?

0コメント

  • 1000 / 1000

Teradaのメルマガブログ

毎日のメルマガを定期的にこのブログに残しています。多少のタイムラグはお許しください。